着物・着付けのお悩み相談【衿がうまく抜けません!】

着物・着付けに関するお悩みにお答えしています。

あなたのお悩みもぜひお聞かせください!

 

Q.着物の衿がうまく抜けません

今回は、「しっかり衿を抜いて着たつもりなのに、着付け終わると衿が抜けてません。だんだんと詰まってきます。」というお悩みです。

この悩み、着付けでナンバーワンを争うぐらい多いお悩みですね。

衿が抜けないという悩みの他にも、衿元が浮く・はだけるなど、衿に関する悩みは多いですね。。

衿が程よく抜けていてピシッと整っているととても綺麗に見えるので、まずは衿問題をクリアするのは着物美人への第一歩ですね。

 

衿元をきっちり整えるためには、何といっても長じゅばんを着る時です。

着物も帯も着付けた後に衿元を整えようと思っても、残念ながらここではもう遅いのです。

着物の中ではほんの少ししか見えない衿(長じゅばん)ですが、その長じゅばんをしっかりと着ることがそのあとの着物を着るうえでもとっても大切なのです。

ほとんど見えないところに一番気を遣う。奥が深いですね。

 

長じゅばんの着付け

長じゅばんを着る時に「背中心を引いて衿をこぶし1つ分程度抜く」と思いますが、それをしても衿が詰まってしまうという場合は、背中心を引くだけでなく肩山ごと後ろへ引くことを意識して衿を抜いてみてください。

背中心を引くだけでは衿の後ろ部分だけが引っ張られて、すぐに元に戻りやすい状態になっているかもしれません。

 

そして、長じゅばんを着る時の注意点。

長じゅばんの衿合わせをする時に、衿元を前に引いてしまうとせっかく抜いた衿が前にズレてきてしまうので、前に引くのではなく、抜いた衿位置はそのままで、やさしく体に沿わせながら胸を覆うように衿を合わせていきましょう。

 

それでもやっぱり衿が詰まってきたときの対処法

長じゅばんを着て伊達締めまで締め終わった後にやっぱり衿が詰まってきた、衿元が浮いてきたという場合の対処法をご紹介します。

まず、片手で長じゅばんの背中心を持ち、もう片方の手で長じゅばんの下前の衿先を持ち、同時に引きます。

 

今度は反対側。片手で長じゅばんの背中心を持ち、もう片方の手で長じゅばんの上前の衿先を持ち同時に引きます。

これをすると、衿が前後に同時に引っ張られるのでピシッと体にフィットしてきますよ。

 

さらに、長じゅばんを着るまでは良いのだけど、着物を着ている間に衿が詰まってくる、衿元が浮いてくるという場合の対処法をご紹介します。

着物の中には重い着物もあって、着物を羽織るだけでもその重さで衿が浮く場合が多々あります。

そんな時は、着物を羽織って長じゅばんと着物の衿を合わせてクリップでとめた後に、もう一度上記で紹介した長じゅばんの背中心と衿先を同時に引くことを上前・下前共にやります。

これをもう一度やることで衿元が整います。

 

ここから先は着物の着付けです。

先の長じゅばんの着付けのところでもお伝えしましたが、無理に前や横に引くのではなく、体にやさしく沿わせながら着付けることを意識してみてくださいね。

着付けに力はいりません!ゆったりと自分の体に合った心地よい着付けをしていきましょう!

 

今後少しづつ、皆さんの着物・着付けに関するお悩みにお答えしていきたいと思います。
「こんなことで困っている!」ということがあれば、お気軽にご相談くださいね。

 

 

 

お問合せはLINE@でも受け付けています

友だち追加

 

 

 

◆  豊田・名古屋の着付け教室 ◆
【 キモノ華紋 】 

ブルー音符着付け教室
着物を着ることであなた自身の魅力に気づき、人生がより豊かになることをサポートする講座です
少人数制レッスンとマンツーマンレッスンの2コースがあります

ブルー音符1Day着付け体験会
着物類を全てレンタルできる手ぶらでOKの体験会です
着物を着る感覚や教室の雰囲気を体験してみてください
ブルー音符出張着付け
ご自宅やご指定の場所へ伺ってお着付けを行います
(お正月・卒入学式・結婚式・七五三・パーティーなど)

ブルー音符イベント情報
お茶会や日本酒会など着物イベントを開催してます
イベント情報や過去のイベントの様子はHPで随時公開中

Follow me!

The following two tabs change content below.

HARUKA

着付け教室「キモノ華紋」を主宰しています。 着物を普段着として気軽にオシャレに着るべく日々研究中です。 みんなでワイワイすることが好きなので、お茶会・日本酒会・ショッピングなど、着物でお出かけイベントも企画してます。 着物でお出かけ仲間募集中です♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です