浴衣のお手入れ方法

今回は「浴衣ってどのようにお手入れしたらいいんですか?」という質問にお答えして、浴衣のお手入れ方法についてまとめていきます。

 

 

浴衣のお手入れ方法は色々あると思いますが、大きく分けて下記の2つかと思います。

①クリーニング屋さんに出す

②自宅で自分で洗う

それぞれについて、方法と注意事項をまとめてみます。

 


①クリーニング屋さんに出す

これは問題ないですよね。

多少お金がかかりますが、しっかり糊付けもされてピシッとなりますね。

1つ注意点は、絞りの浴衣の場合「アイロンをかけないこと!」です。

絞りの浴衣にピシッとアイロンをかけてしまうと、せっかくの絞りの風合いが取れてしまい残念なことになってしまいます。

クリーニング屋さんも分かっているとは思いますが、一応「絞りの浴衣なのでアイロンはかけないで下さい」と一言伝えておくのが良いかもしれませんね。

 

②自宅で自分で洗う

浴衣の素材はほとんどが木綿と最近はポリエステルなので、自宅で普通に洗濯することができるのです。

洗濯の手順です。

(1) きれいに畳んで洗濯用のネットに入れます。

(2) オシャレ着洗い用の洗剤を入れ手洗いで押し洗いをし、すすぎます。

(3) 洗濯機の脱水コースで約1分程度軽く脱水をします。

(4) パンパンと手でたたいてシワを伸ばし、着物ハンガーや物干しざおで陰干しをします。

(5) 乾いた後にシワが気になる部分があれば、そこだけアイロンをかけます。

(アイロンをかける場合はハンカチなど当て布をしてください)

以上で終了です!

 

もしアイロンをかけたくないのであれば、手洗い後脱水をせずに軽く手で絞ったら、そのままお風呂場などで、ぽたぽたと水がしたたるくらいで干すとシワになりにくくアイロン要らずです。

 

どうでしょう?思ってたより簡単ではないですか!?

 

個人的なオススメは、夏に数回浴衣を着る場合はお家で手洗いをして、夏の終わりには一度クリーニング屋さんに出してきちんと保管する、という方法です。

ぜひ今年の夏はガンガン浴衣を着てお出かけしてみてはいかがですか?

 

 

キモノ華紋では着物の着付けレッスンを行っています

ぜひ一緒にキモノライフを楽しみませんか?

詳細・お問合せ

 

不定期で、お茶会・日本酒会などの着物でお出かけイベントを開催しています

イベント詳細

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です