長じゅばんのたたみ方

先日着物・浴衣のたたみ方(本だたみ)を説明しましたが、今回は長じゅばんのたたみ方を説明したいと思います。

(着物・浴衣のたたみ方は【コチラ】

長じゅばんのたたみ方は一般的には「じゅばんだたみ」と呼ばれており、羽織やコート類も同じたたみ方をします。

長じゅばんを着物と同じたたみ方(本だたみ)でたたんでしまうと、衿に折り目が入ってしまって、じゅばんを着た時に衿がキレイな形にならない恐れがありますので、ちゃんとじゅばんだたみでたたんでくださいね。

 

それでは見ていきましょう!

 

①長じゅばんを袖(そで)が左、裾(すそ)が右になるように平らに広げ、手前側の身頃の脇線を身巾中央の衿に少しかかるくらいに折ります

 

②袖(そで)が身幅から出ないように折り返します

 

③反対側の身頃も同様に折ります

 

④左袖も右袖同様に折り返し重ねます

 

⑤タンスの大きさに合わせて二つ折りか三つ折りに折ります

 

⑥完成です!

 

 

「キモノ華紋」ではキモノの着付けレッスンを行っています。

一緒にキモノライフを楽しみませんか?

詳細・お問合せ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です