簡単!着物・浴衣のたたみ方

今回は着物・浴衣のたたみ方について書いていきます。

着物は適当にたたんでしまうとシワになりやすく、傷みの原因になったりもしますので、きちんとした着物のたたみ方で保管しておくのが大切です。

一般的な着物や浴衣なら「本畳み(ほんだたみ)」と呼ばれているたたみ方でOKです。

ほとんど縫い目に合わせて折っていくだけだけなので簡単ですよ。

それではたたみ方を見ていきましょう。

 

①着物を袖(そで)が左、裾(すそ)が右になるように平らに広げ、手前を脇線(横脇の縫い目)で折ります

 

②手前の身ごろをおくみ線で折り返します

 

③手前のおくみに奥側のおくみを重ね合わせます

 

④衿(えり)は内側に折り込みます

 

⑤両方の脇線を合わせるように背中の中心線で折ります

 

⑥上側の袖を折り返し、タンスの大きさに合わせて二つ折りか三つ折りに折ります

 

⑦もう一方の袖を裏側へ折り返します

 

⑧完成です!!

次回は長じゅばんのたたみ方を解説します。

長じゅばんのたたみ方は【コチラ】

 

 

「キモノ華紋」では着付けレッスンを行っています。

一緒にキモノライフを楽しみませんか?

詳細・お問合せ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です