着物を着るときに必要なモノ

今回は「着物を着るときに必要なモノ」について書いていきます。

最近、「着物を着てみたいのですが、何が要るのか全然わからないんです…」とか、

「着物を着るときって、色々な道具を使うんですよね?」

というお話をよく聞かれることがあって、基本的に着付けに必要とされているモノをまとめてみたいと思います。

 

インナー編

 

①肌じゅばん、すそよけ

和服を着るときの肌着、汗を吸い取り着物や帯に汗染みがつくのを防ぐ

肌じゅばんとすそよけが一体になっているワンピースタイプもある

②足袋

和服を着るときの靴下

 

長じゅばん編

 

③長じゅばん

和服を着るときの下着のようなもので、着物の衿もとや袖口などが汚れないように着るもの

④半衿

長じゅばんの衿もとに縫い付けて、着物の衿もとが汚れるのを防ぐ役割がある

汚れたら取り外して洗濯をする

⑤衿芯

衿のカーブの形を美しく保つ為に、半衿の中に入れるプラスチック製のモノ

⑥腰ひも

長じゅばんの衿合わせをした後に、おさえるために絞める

⑦伊達締め

腰ひもの上から絞めて、長じゅばんの衿合わせがずれないようにするもの

 

きもの編

 

⑧着物

季節や着る目的によって様々な種類がある

⑨帯

袋帯、名古屋帯、半幅帯が一般的で、着物を着る目的によって選ぶとよい

⑩帯揚げ

帯枕を包んで見えないようにし、帯の上の飾り

⑪帯締め

帯が崩れないように絞めるために用いる

⑫帯板

帯の内側に入れて、帯にシワができないようにキレイに形作る

⑬帯枕

帯のお太鼓の形をふっくらとキレイに作るために用いる

⑭草履・下駄

和服の時の履物

 

着る着物や帯の種類によって小物は多少変化しますが、上記があればだいたい大丈夫だと思います。

着物屋さんに行けば上記は揃うと思いますが、小物類やインナーはアイディア次第で様々なプチプラ品で代用可能です。

また後日、代用品についても記事で書いていく予定ですのでお楽しみに~♪♪

 

 

「キモノ華紋」では着付けレッスンを行っています。

一緒にキモノライフを楽しみませんか?

詳細・お問合せ

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です