帯留の付け方・三分紐の使い方

私は帯留が大好きで、着物を着るときはほぼ毎回帯留をしているのですが、よく生徒さんから「帯留ってどうやってつけているんですか?」と聞かれます。

確かに、私も着物を始めた頃はナゾでした。

ということで、今回は帯留の使い方を説明します!

とても簡単なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね(^^♪

 

 帯留とは?

帯留とは下記の写真のように、帯締めに通して使う帯周りの装飾品です。

 

帯周りにインパクトができて、その日のコーディネートに合わせて色々とアイテムが変えられるのがいいですね。

 

帯留のつけ方・三分紐の使い方

帯留を使う時の帯締めは、一般的には普通の帯締めより細い三分紐と呼ばれている帯締めを使います。

(太さが三分、約9ミリでできています)

帯留の紐を通す部分の大きさによっては、二分紐や四分紐を使うこともあります。

 

それでは、使い方を説明していきます。

1.帯留に三分紐を通します

 

2.帯の後ろからぐるっとまわして正面に持ってきて、普通の帯締めと同様にしっかり本結びします。

(その他の結び方でも良いですがほどけないようにしっかりと結んでください)

 

3.残りの紐は邪魔にならないようにリボン結びにします。

 

4.結び目を後ろに回して帯の中にしまいます。

 

5.前の体の中心で帯留を整えて完成です!

 

以上で完了です!!

ポイントなどあまりないくらい簡単です。

 

最近はカワイイ帯留がたくさんありますし、ブローチを帯留として使うこともできるので、帯周りを華やかにしたい方はぜひチャレンジしてみてください(^^)/

 

お問合せはLINE@でも受け付けています

友だち追加

 

 

◆  豊田・名古屋の着付け教室 ◆
【 キモノ華紋 】 

ブルー音符着付け教室
着物を着ることであなた自身の魅力に気づき、人生がより豊かになることをサポートする講座です
少人数制レッスンとマンツーマンレッスンの2コースがあります

ブルー音符1Day着付け体験会
着物類を全てレンタルできる手ぶらでOKの体験会です
着物を着る感覚や教室の雰囲気を体験してみてください
ブルー音符出張着付け
ご自宅やご指定の場所へ伺ってお着付けを行います
(お正月・卒入学式・結婚式・七五三・パーティーなど)

ブルー音符イベント情報
お茶会や日本酒会など着物イベントを開催してます
イベント情報や過去のイベントの様子はHPで随時公開中

Follow me!

The following two tabs change content below.

HARUKA

着付け教室「キモノ華紋」を主宰しています。 着物を普段着として気軽にオシャレに着るべく日々研究中です。 みんなでワイワイすることが好きなので、お茶会・日本酒会・ショッピングなど、着物でお出かけイベントも企画してます。 着物でお出かけ仲間募集中です♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です