半衿を自作してみよう!

私は柄の半衿が大好きで、着物に合わせて色々な柄の衿を付け替えています。

面白い柄をみつけると、「これは半衿にすると面白いかも~」と考えてしまいます(笑)

ですので、市販の半衿ではちょっと物足りずに、よく自分で半衿を自作しています。

 

ということで今回は、半衿の作り方をまとめてみます。

作り方と言ってもただ生地を切っているだけなのですが、お付き合いください。。

 

半衿の作り方

 

半衿にしたい生地を選んでください。

洋服生地でも良いですし、手ぬぐいやハギレ布でもOKです。

私はだいたい手芸店で生地を購入しています。

{92D16988-09BF-4038-8A43-DB0F09AC90CC}

今回は、白地に黒のドット柄とゼブラ柄の生地です。

 

用意した生地を110㎝×15㎝に切ります。

(やや大きめですので、もう少し小さくても大丈夫です)

 

生地を切るときに、ピンキングばさみ(ギザギザのはさみ)で切るとほつれ防止になります。

 

これで完成ですが、端を綺麗に処理したい方は、ミシンでかがり縫いをするとスッキリします。

 

手芸店だとほとんどのお店が、幅110㎝×任意の長さで購入できるので、私は110㎝×30㎝で購入して、それを半分に切って2枚作っています。

 

とっても簡単です♪ ぜひお試しください(^^)/

 

生地選びのコツは、細かい柄(小さい柄)を選ぶことです。

実際に半衿として見える面積は狭いので、その範囲でちゃんと柄が出る方が合わせやすいです。

一見派手かな~と思う色柄でも、意外と半衿だとしっくりくるので、ぜひ白半衿以外もチャレンジしてみてください!

 

出来上がった半衿を使ってコーディネートしてみました。

アクセントになって良い感じ♪

 

 


 

キモノ華紋では体験レッスンや無料レッスン見学を受け付けています。

「着付けに興味はあるけど、着付け教室ってどんな感じなんだろう?」と不安を感じてる方!

まずは気軽に体験できる体験レッスンで教室の雰囲気を感じてみてください♪

→ 体験レッスン詳細

 

 

 

 

お問合せはLINE@でも受け付けています

友だち追加

 

 

 

 

 

◆  豊田・名古屋の着付け教室 ◆
【 キモノ華紋 】 

◆マンツーマン着付けレッスン
自宅と出張でマンツーマンレッスンを行っています
マイペースで進めるのでじっくりと習いたい方にオススメ

◆少人数制着付け教室
お友達や仲間とワイワイとレッスンを楽しみたい方は
少人数制の着付け教室をどうぞ

◆体験レッスンキャンペーン
実際のレッスンを1回体験していただけます
着物を着る感覚や教室の雰囲気を体験してみてください
◆出張着付け
ご自宅やご指定の場所へ伺ってお着付けを行います
(お正月・卒入学式・結婚式・七五三・パーティーなど)

◆イベント情報
お茶会や日本酒会など着物イベントを開催してます
イベント情報や過去のイベントの様子はHPで随時公開中

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です