大人の女性のための「浴衣きこなし」のコツ

 

夏といえば「浴衣」の季節ですね。

夏祭り、花火大会、ビアガーデンなど、せっかくなら浴衣で行くのが断然オススメです。

今回は大人の女性の為の、「エレガントでちょっぴりかわいい」着こなしのコツをお伝えします。

 

大人の女性のための「浴衣きこなし」のコツ
①衿芯を使って衿を抜く

②帯揚げや帯締めなどの小物を使う

③着物風に着る

 

ひとつづつ見ていきましょう!

 


①衿芯を使って衿を抜く

衿芯は普通、着物を着る時に長じゅばんの衿部分に使う物です。

衿芯無しで浴衣を着るのも良いですが、浴衣をたたんだ時の折り目が衿に付いていると、なかなか衿が綺麗に抜けなかったり、時間が経つと衿が詰まってくることがあります。

ですので、浴衣にも衿芯を使うとしっかり衿を抜くことができます。

さりげなくうなじを見せることができれば、エレガントな大人の女性ですね!

浴衣に衿芯を入れる方法は簡単。

浴衣のかけ衿の内側の糸をほどいて、そこに衿芯を通すだけでOKです。

 

(注)最近の既製品の浴衣の中には、かけ衿風の仕立てをしている物もありますので、その場合は衿芯を通すことができません。

 

②帯揚げや帯締めなどの小物を使う

大人の女性の場合、シックな色合いの浴衣や帯を選ぶことが多いかと思いますが、帯周りに色があるとアクセントになります。

また、帯締めは帯の中央に一本線が入るだけでも引き締まった印象を与えられますよ。

小物は面積が小さいので、反対色やあえて明るい色をもってくると、とてもかわいらしい印象になります。

帯揚げはお手持ちのスカーフでも代用可能です。

私は100均のスカーフを愛用してます)

また、帯締めに帯留めを通すと色々な楽しみ方ができます。

帯留めはブローチや髪飾りなどを通してもカワイイですよ。

帯締めを靴ひもで代用しているというアイディアさんも見たことがあります)

 

③着物風に着る

最後は、衿を付けたりや足袋を履いて、浴衣を着物風に着るという方法です。

浴衣は一般的には下着の上にそのまま着るものですが、長じゅばんを着てその上に浴衣を着てもOKなのです。

衿があることでぐっとフォーマルで上品な印象になりますし、半衿の色や柄を変えて楽しむこともできます。

長じゅばんでなくても、肌じゅばん(肌着)に衿が付いている半じゅばんというものもあるので、暑い夏にはそちらもオススメです。

また、昼間から浴衣でお出掛けする場合や素足を見せることに抵抗がある方には、足袋を履くのもオススメです。

最近はレース素材でできたものや柄物など様々な種類がありますので、その日のコーデに合わせて選ぶと楽しいと思います。

 


いかがでしたか?

ぜひ、様々なシーンで「大人の浴衣」を楽しんでください。

 

 

キモノ華紋では着物の着付けレッスンを行っています

無料見学・体験レッスンもできますよ

一緒にキモノライフを楽しみませんか?

詳細・お問合せ

 

不定期で、お茶会・日本酒会などの着物でお出かけイベントを開催しています

イベント詳細

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です